整形靴とは・・

▼整形靴とは?

整形靴とは、各個人の足の形状や症状に合わせて作られた靴のことで、足の型を採り木型から作るもの、既成の木型を修正して作るもの、既成のコンフォートシューズを加工するものがあります。また靴ではありませんが、足の裏にかかる圧の調整や変形の矯正などを目的に作られる「足底板(そくていばん)」(靴の中敷)も整形靴技術の重要な一分野となっています。

▼症例紹介

・プロフィール:70歳代、男性
・疾患名:急性灰白髄炎・・・ポリオともよばれ、ポリオウィルスにより脊髄神経の灰白質という部分が侵される。はじめの数日間は風邪のような症状があらわれ、その後足や腕に麻痺が起こる。

(1)左肩のほうが高い (2)ハンマートゥ (3)外側に倒れている

・足の状態:右足が爪先立ちになり、踵が地面に着かない。また踵の骨が内側に傾き体重が外側にかかる。足の指は上に上がってハンマートゥと呼ばれる状態。

(4)倒れている外側を支える (5) __上に延長した位置
——通常の位置
(7)外側に倒れにくくなった
(6) 指が当たらないよう高くした

・靴での対応:外側に倒れないように、中敷で支え、さらにカウンターと呼ばれる踵の補強を通常より上に長くして支えた。
また、足の指が当たらないように厚みをつけて余裕を持たせた。