歩きやすい靴の選び方

▼歩きやすい靴の選び方

1.「歩きやすい靴」の3つの要素
・靴の出来がよい
(靴が靴として正しく出来ている)
・靴が足に合っている
・正しい履き方をしている
2.出来の良い靴って?
【1】立った時の安定がよい
(靴底に平らな部分がある)
写真 ・安定して立つため、指のつけ根とかかとの下は平ら
・安定を保つため曲がってはダメ!
【2】歩くためつま先が上がっている(靴底のつま先が上がっている)
写真 ・踏み返して地面をけり出しやすい
・つまずきを少し防ぐことができる
【3】踵をしっかり包み込むもの
写真 ・踵がしっかりと包み込まれる形状をしている
・その形状を保持する硬い芯が入っている
・足をくじきにくい
【4】足に合うように調節できるもの
写真 ・紐か、マジックテープのものが良い
3.靴が足に合っているってどういうこと?
【1】立った時の安定がよい
写真 ・踵をしっかり包み込むため
・踵に合わせて靴を履くことで、靴の重さの負担が減ったり、安定感がよくなる
【2】甲の高さと幅があっている
写真 ・サイズが合っていないと、靴がきつ過ぎたり、大きすぎてブカブカする原因になる
【3】けり出しが楽にできるもの
写真 ・けり出した時に足と靴の曲がる位置が合っている
【4】つま先に1cm位余裕を持たせる
写真 ・地面をけり出すことで指が伸びる
・靴の中で足が前にすべる
【5】くるぶしに履き口があたらない
写真 ・靴の履き口にくるぶしがあたると痛みが出る場合がある
4.正しい靴の履き方
【1】腰掛ける
写真 ・しっかり靴を履くために、まず玄関に腰掛ける
【2】ひもやマジックテープを緩める
写真 ・履き口を大きくして足を入れやすいように準備する
【3】踵を踏まないよう足を入れる
写真 ・靴のかかとは、靴を合わせるのに重要な部分なので壊さないように注意が必要(靴べらを使うと良い)
【4】靴のかかとに足の踵を合わせる
写真 ・靴を履くときは、つま先でトントンせずかかとで軽くトントンする
【5】ひもやマジックテープをしめる
写真 ・つま先から順に靴ひもなどを締めていく
・足にあうように調節する