整形靴作りの現場!義肢装具製作所を見学する!!1年生施設見学☆

梅雨があけ、夏の日差しが強まる中、整形靴科1年生は、
大阪市大東市にある「川村義肢株式会社」さまへ、見学に伺いました!

大東市風景
大東市は、大阪市内から東に位置し、奈良生駒に隣接する、緑あふれる街です。
         
川村義肢株式会社さまへのアクセスは、JR住道駅近辺から小型送迎バスが出ており、
社屋前まで移動することができます。
今回は、私たちもそのバスを利用させて頂き、大変快適にお伺いできました!

それでは、早速見学の内容を紹介します☆

はじめに、会社の紹介やユーザー様の声を見せていただき、その後2グループに分かれて、
広報担当の方に会社の中を解説していただきながら、ご案内していただきました。

フロア 車椅子1

こちらは1階フロアです。
   
きれいなオフィスで、広いスペースが確保されており、車椅子の試乗も可能です。
奥に車椅子が展示してありますが、これだけの種類があるんですね!
自転車と同じような、モーターアシストの車椅子(電動車いす)もありました。

福祉機器4      
こちらは、福祉機器の展示です。
川村義肢株式会社さまでは、義肢装具に加え、車椅子・福祉機器・バリアフリーリフォーム・
完全オーダーメイドの人工ボディなども幅広く取り扱われております。
装着した方の写真を見た学生が、「体を補うためだけでなく、表情まで明るくなっていた。
この仕事には、こういう力もあるんだな。」と感動していました。
 
歴史2        
こちらのスペースでは、戦前から現代までの義肢が展示されており、学生が食い入るように覗き込んでおります!!
丁寧な解説と共に、各時代の製作者の思いがこめられた義肢を目に焼き付けてきました。
   
続いて工場です。入り口には、ウェルカムボードがあり、私達を歓迎してくださいました!         
工場内は、とてもきれいな作業環境で、社員の皆さんが集中して仕事をされている様子が伺えます。

歓迎ボード

石膏1 体幹装具

義肢装具の分野では、頭から足元まで全身を取り扱います。
靴作りの現場だけでなく、様々な部署を順番に案内して頂き、大変勉強になりました!

製靴課
そしてついにその瞬間が!
製靴課では、たくさんの整形靴科卒業生の先輩が、仕事をされています。
その先輩から学生に向けて、
「整形靴は特別なものだけど、それを使う方は皆と同じものを欲しがっておられるんです。」
「皆さんも、自分の作りたいものだけでなく、使う方の気持ちをよく考えて靴を作ろう。」
と、良いお言葉をかけてくださいました!

日本では、整形靴やフットベット(中敷き)の分野は、義肢装具との関わりが深いです。
卒業生の就職先としても、義肢装具製作所が半数以上の割合を占めています。
みんなそれぞれ良い刺激を受けて、これからの実習、将来に向けて意欲が高まったと思います!

川村義肢株式会社の皆様、お忙しい中、見学を受け入れていただき、
また懇切丁寧にご対応いただきまして、本当にありがとうございました!

今後とも何かとお世話になるかと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます!!