メッセージ

業界から一目置かれる
靴作りのエキスパートになる

神戸医療福祉専門学校三田校の整形靴科は、
日本で初めて、唯一の専門学校として日本の整形靴の発展と共に歩みを続け、
多くの卒業生を輩出してきました。
「三田校ブランド」は、業界で一目置かれる専門職集団なのです。

インタビュー

ファッション×整形靴

自分の好きな高級靴やドイツ・オーストリアの靴には整形靴の知識や技術が使われており、私もこの医療を取り入れた靴作りをしたいと思い、この道を選びました。大学にも行っていたので、金銭的な不安もありましたが、最新の設備や最先端の技術を学べて、就職への手厚いサポートがあるため、入学を決めました。足に優しい既製靴作りを広め、日本から少しでも足の疾患を無くしていきたいです。

スポーツ×整形靴

陸上部に所属していた中学生の頃、自分に合うスパイクや練習用のスニーカーもなく、困っていました。その時に自分のように困っている人に靴を作ってあげたいと思い、整形靴技術者を目指そうと思いました。入学を考え始めたのは、高校生の時。インターネットで調べて知りました。機械の充実やマイスターによる講師の直接授業があり、三田校で学びたい、自分に合っていると学校だと思い、入学を決めました。技術だけでなく人間の内側から症状を考えられたり、機械が充実していたりするので三田校に入学して良かったです。

医療×整形靴

前職では、お客様からの声が薄いことに物足りなさを感じていました。それと同時に母が変形性股関節症を患い、術後に整形靴と出会いました。整形靴という目に見える「安心・安全」に携われる事が出来る技術者になりたいと思いました。オープンキャンパスで入学後の生活のイメージがわきやすく、先生方と面談することで不安が軽減され安心できました。また、教育訓練給付金を受給できる点も入学の決め手となりました。

卒業生インタビュー
体験入学
資料請求
教育訓練給付金制度

在校生作品

インスタグラムを見る

整形靴専攻科